flux-ds


Flux DSの感想やっと書きますw

ちなみに以前使用していたビンディングはこちら。

cartel


バートンのカーテルでこれもグラトリする人の中では定番モデルの一つ。
使用していたのが2012-13モデル。



これからDSに変えて板を履いてみた時の感想が「軽い!!」。



履く前にカーテルを売ってしまったので、ビンディング自体の重さ比較をしていないので重量の差はわからないのですが、履いてみた時点ですでに軽さが明らか。
リフトに乗っている時に感じる重さは、足の疲れに大きく関係してくるので、これだけでも買い替えた価値があったと思ったくらいw


そうはいってもこれでグラトリしにくかったら意味がないので。。。。



で、ここからは履いた感想をw
これも一言で言えば「DS最高!」ですw


何よりも自分が考えている足の意図をそのまま伝えてくれる感じ。

だからといって足の動きがシビアになるわけではなく、意図していない動きまでは伝わりません。
おそらくビンディングの柔らかさが自分の動きにちょうどよいのだと思います。

まだシーズン・インしてあまり滑れない状態で昨年よりも技術が落ちたよなぁ〜なんて思っていましたが、DSに変えたら昨年よりも動きが良くなりました。多分今シーズンこれですべりまくれば技術がさらに向上(-ω☆)キラリ


乗っていての感想で言えば、やっぱアンクルストラップ(トゥーも)が全く足に気にならないところですね。バートンのカーテルのときは設定の場所によってはラチェット部分の金属が当たるような感触があり、痛みが出るときもありました。

DSにはそれがまったくなく、締めつけ感も少ないので何もつけていないような感じを覚えるくらい。




後は細かい話になりますが、DSは基本ツールレス設計なので、ビンディングの角度調整以外を道具無しでできるのが(・∀・)イイ!!

また、細かい設定もしやすくビンディングの足の部分。ブーツサイズに合わせて微調整を入れるのですが簡単にできるし設定が細かいのでベストポジションに設定しやすいのも良かったです。具体的にはこの部分。

↓  ↓  ↓

fluxds1


この設定に関してデメリットがあるとすれば、メモリが細かく簡単に動いてしまうので、左右を一緒にするのが若干難しいところ。できればもっとカッチリとハマるようにしてもらいたいかな?という感じ。



最後に唯一バートンのカーテルと比較して劣っていると思ったのが、リフト降りた時に板を設定するのに手間取ってしまうところです。。。

これは慣れの問題なのかもしれませんが、DSは最初にストラップを入れるのが入れにくい気がしました。カーテルがただ劣化してプラスチック部分が柔らかくなっていただけなのかもしれません。今までだと立ったままでもすぐにビンディングのセットをできたのに、DSにしてからは座ってでないとできない場合がほとんどです(;・∀・)


とりあえずここまで書いてきましたが、トータル的にはFluxのDSは最高で、買い替えて大正解♪
さすがに日本3大ビンディングメーカーという感じ。もし現在ビンディングに迷っている友人が居たら間違いなく、DSをおすすめするくらい。


気になるところでDrakeのリロードも興味はありますが、しばらくはDSで楽しみたいと思います(・∀・)b




ちなみに今FluxDSを最安値で買えるのはこちら。

↓  ↓  ↓





今期のために買い替えを考えているならこちらでどうぞ♪